【格安】パケット定額1日970円〜【格安】
海外でインターネットするならグローバルWiFi!

セブ島

フィリピン旅行で欠かせないのは、リゾート地セブ島ですね。 セブ島は、フィリピンの中でも特にリゾート地として知られており、毎年多くの日本人が訪れます。大小7107もの島からなる群島国家フィリピンの中央に位置し、国を代表するリゾート地です。

フィリピン旅行をする人にとって治安は、滞在先を選ぶ意味でも重要ですが、セブ島に関してはフィリピン中でも治安は良いほうです。とはいえ、油断は禁物です。

セブ島へは成田空港からセブ直行のフィリピン航空が週5便(冬季は週6便)乗り入れています。フライトは約4時間30分です。マニラを経由する場合にはフィリピン航空が成田、名古屋、関西、福岡、沖縄からそれぞれ乗り入れており、マニラで乗り換えて、セブまで1時間のフライトとなります。

セブ島は空港やホテル、街中にも、いたるところに両替所があります。いずれも日本円を受付けているため、日本であえてドルに両替していく必要はありません。ただ通常の買い物はすべてペソなので、使う分だけをペソに両替しておく必要があります。

フィリピン旅行で悩むのが雨です。日本人にとって、雨季と乾季があるフィリピンは天気が読みづらいです。セブ島は一年を通して18度〜35度ぐらいの気温です。中でも一番南国らしく暑いのは3月〜6月の乾季です。セブ島は雨季でも実は夕方、夜間に雨が降る程度です。そして3月〜6月の乾季は雨がほとんど降りません。

病気にかかったら

フィリピン旅行中に万が一病気になってしまった場合はどうすれば良いでしょうか。こういった場合のことも、きちんと把握しておくことが大事です。 フィリピンは一般に衛生状態が悪く、流行する感染症も、コレラ、赤痢、腸チフス、マラリア、デング熱、寄生虫疾患など非常に多く発生しています。

フィリピン旅行中にかかる恐れがある病気は、日本にない病気もあり、抗生物質の乱用などの素人療法で逆に治療が遅れ、取り返しがつかなくなる危険があります。一時的に日本より持参した市販薬を使用するのは差し支えありませんが、体調に異常がある方は速やかに現地の病院で受診してください。

フィリピン旅行でよく行く大都市では医療機関は整備されています。特に技術的なレベルを心配する必要はなく、一流の病院では安心して診療を受けることができます。 ただし国公立病院は料金が安いため、待ち時間が長く、在フィリピン邦人は私立病院へ行くケースが多いようです。また、一流のホテルでは専従の医師がいる場合や医師の紹介をしてくれることがあるので、利用するといいでしょう。

フィリピンではもちろん日本と違い健康保険がききません。そのため外国人を対象にした病院では風邪でも数千円から一万数千円請求されることがあります。(参考:外務省 在外公館医務官情報)

注意した食べ物2

フィリピン旅行で注意したい感染症ですが、きちんとした対処法を知っていれば、それほど恐れることはありません。しっかりとした対処を収集しておくことが大切です。 旅行に出かけると、疲れや飲み過ぎ食べ過ぎで知らない間に抵抗力が落ちてしまいます。注意しましょう。 フィリピン旅行で注意してほしい食べ物?B
『生もの』
日本の食習慣をそのままに現地に持ち込んで刺身・生の貝などを食べるのは、たとえ一流レストランや高級ホテルであっても非常に危険です。新鮮に見えても食中毒菌、コレラ、A型肝炎に感染することがあります。キニラウ(魚介類のたたき)も危険です。 見た目はおいしそうなので、ついつい食べてしまいがちになりますが、自分の身体を守るためにも生ものは絶対に食べないようにしましょう。 フィリピン旅行で注意してほしい食べ物
『生水』
都市では水道設備が整っていますが、どの水が安全かは旅行者には分からないので、飲まないのがほうがいいでしょう。また地方では井戸水が多いので、飲用に適していないと考えてください。どうしても水が欲しい時はミネラルウォーターやボイルドウォーターと言って注文しましょう。

フィリピン旅行に限らず旅行の醍醐味は食事です。この食事に対して、これほど注意をしないといけないことに、がっかりした人もいるのではないでしょうか。 ここで紹介したものはあくまで一般的に感染症の恐れがある食べ物です。ただ屋台の中でもしっかりと調理をしてあるものはとても美味です。 事前にしっかりと情報を収集して、あとは現地で自分の目で判断することが大事です。少しでも危ないと思ったら絶対に口にしないようにしましょう。

フィリピンで注意したい食べ物

フィリピン旅行で注意したい感染症ですが、きちんとした対処法を知っていれば、それほど恐れることはありません。しっかりとした対症を収集しておくことが大切です。

フィリピンには様々な感染症や風土病がありますが、都市の観光だけであれば、食事や飲み物に注意し体調を整えておくだけでも、かなり病気の予防ができます。旅行に出かけると、どうしても疲れや飲み過ぎ食べ過ぎで知らない間に抵抗力が落ちてしまうので注意しましょう。

フィリピン旅行で注意してほしい食べ物@
『ハロハロ』
ハロハロは果物、氷、牛乳で作ったデザートです。ホテルやレストランで出されるものであれば問題はありませんが、不衛生な屋台などのものは注意が必要です。

『生野菜』
市場や屋台で蠅がたかっているようなものは避けましょう。赤痢、食中毒あるいは寄生虫の心配があります。

フィリピン旅行で注意してほしい食べ物A
『アイスクリーム』
フィリピンのアイスクリームは美味しいと言われていますが、不衛生な屋台などで出されたもので下痢した人がおり、赤痢や食中毒の心配があります。冷凍されたものでも細菌は死なないことを覚えておいてください。 『果物』
カットされて出される果物は、ホテルやレストランでも避けるほうが無難です。また、不衛生な露店や屋台で切売りされている果物も危険です。赤痢や食中毒の心配があります。

フィリピン旅行の注意点1

フィリピン旅行では注意してほしいことがいくつかあります。中でも特に感染症には注意をしてください。 フィリピンは多くの島々で構成されているため、その気候も一様ではありません。このことが感染症を引き起こす原因ともなっています。

フィリピンは基本的には熱帯性モンスーン気候に属し雨季と乾季に分かれています。しかし、島によってはこの雨季と乾季の差が明瞭でないものや、あってもほとんどないものがあります。そのために、流行する感染症も赤痢やコレラなどの消化器系感染症は、特に季節的な変動がなく、年中発生しています。

フィリピン旅行での感染症の報告はいくつかありますが、国立感染症研究所で掲載されている感染事例を紹介します。
『2002年、全国の空港検疫所でフィリピンから帰国した旅行者1名からコレラ菌、4名から赤痢菌、141名から食中毒菌、2名からデング熱が検出されています。また、感染症発生動向調査によると国内でフィリピンから帰国した旅行者からコレラ患者5名、赤痢患者18名、腸チフス患者2名、三日熱マラリア患者4名、デング熱患者1名が報告されています。』

フィリピン旅行では感染症の危険はつねに避けては通れない状況となっています。感染症への感染経路はいくつかあります。食べ物・水から感染する病気、虫が媒介する病気、 その他の疾患に分けられます。 食事や体調に注意して旅行を楽しむように心がけてください。

フィリピン人気料理

フィリピン旅行でぜひ味わってほしい人気の料理をいくつか紹介します。 フィリピン旅行人気料理その@ 『アドボ 』
アドボは肉を甘辛く煮た料理です。肉は鶏肉か豚肉もしくはその両方を使用し、醤油、酢、ニンニク、胡椒などで漬け込みます。肉を取り出して焼いたあと漬け汁に戻し、柔らかくなるまで煮込んでいきす。 肉は酢漬けにすることで非常に柔らかくなっており、また複数の調味料の味が溶け合って奥深い味になっています。

フィリピン旅行人気料理そのA 『シニガン 』
シニガンは魚介類または肉を具とした酸味のきいたスープです。酸味のもとはタマリンドです。 シニガンなどのスープ料理、汁気の多い料理は、ご飯に混ぜて食べるのがフィリピン流です。まずは汁をすくってご飯にかけ、そこに具をとってよく混ぜてから食べます。

フィリピン旅行人気料理そのB 『カレカレ 』
カレカレは肉と野菜をピーナッツソースで煮込んだ料理で、マイルドな味わいです。 カレカレには一般的にオックステール(牛の尾)が使われますが、豚のほほ肉、鶏肉、野菜だけのものもあります。アミのバゴーン(塩辛)を加えて食べるのがおいしいです。 名前や見た目はカレーにそっくりですが、辛くないし味も全然違います。

フィリピン旅行人気料理そのC 『 』
ルソン島南部ビコール地方の名物料理です。 魚介類や肉を、大量のシリ(唐辛子)とココナツミルクで煮込んだもので、フィリピンでは例外的に辛い料理です。 ココナツ風味の中に辛さが溶け込んでいるビコール・エクスプレスは、フィリピン風タイカレーとでもいうべき存在で、日本人の口によく合います。これはぜひ試して欲しいですね。

フィリピン料理の特徴

フィリピン旅行に行くのなら現地の食べ物は楽しみの一つです。 フィリピン料理というと、ちょっと想像がしにくいと思いますが、イメージとしては辛いものが多いような感じがするでしょう。 しかし意外にもフィリピン料理の特徴は淡白です。甘いもの、しょっぱいもの、すっぱいものが多く、辛い料理はほとんどありません。実はこれには理由があります。

フィリピン料理では味付けにはココナッツ、パティス(魚醤)を多く利用します。これが独特の甘みや香りを出しています。 フィリピン料理のメインの食材は豚肉や鶏肉です。フィエスタ(お祭り)の時にはこれらを使った料理が振舞われます。

フィリピン旅行の醍醐味は、なんといってもフィリピン料理を堪能できることです。 フィリピン料理はいろいろな国の食文化が交じり合っていて興味深いことが多いです。 民族や文化と同様に、スペイン、中国の影響を特に大きく受けていることが良く分かります。

フィリピン旅行でフィリピン料理を口にすると、日本の料理に似た味を感じることがあります。これはおそらく醤油をふんだんに使うなど、日本の食文化も取り入れられていることがあるからでしょう。また他の東南アジア諸国の料理と共通するものがあったりするので、多種多様な味を楽しむことが出来ます。

フィリピンの祭りと見所

フィリピン旅行がはじめての方に、フィリピンの見所イベントを紹介しましょう。 フィリピンの新年は大量の花火を使って華々しく祝われます。1月9日の「ブラック・ナザレ祭 Black Nazarene」の行列は国内最大のパレードで、等身大の黒いキリスト像をかついでマニラのキアポ Quiapo 地区を練り歩きます。

フィリピンでは「パッション・ウィーク(受難週) Passion Week」(イースター前の日曜日、パーム・サンデーから始まる1週間)にもパレードがあります。フィリピン版マルディグラ(謝肉祭に行われるニューオーリンズなどのカーニバル)ともいえるのが、1月第3週に3日間にわたって行われる、パナイ Panay 島カリボ Kalibo の「アティアティハン Ati-Atihan」の祭りです。

「聖金曜日 Good Friday」(イースター前の金曜日)には、フィリピン各地でキリストの磔刑(たつけい)が再現されます。この催しはしだいに有名になってきていますが、中でもマニラに近いパンパンガ Pampanga 州サンフェルナンド San Fernando のものが人気です。6月12日は、フィリピンの「独立記念日 Independence Day」で、軍のパレードがあります。

フィリピン旅行に11月1日までの1週間ほど滞在するのであれば、是非マニラで過ごしてほしいと思います。「万聖節 All Saints' Day」の期間中に中国人墓地で開かれる盛大なパーティを見逃さないようにしてください。地方のお祭は1年中、毎週のようにフィリピンのどこかで行われています。

フィリピン観光スポット「チョコレートヒルズ」

フィリピン旅行がはじめてという方にフィリピンの見所・観光スポットを紹介しましょう。

フィリピン旅行観光スポットその1『チョコレート・ヒルズ』
シュールな光景のチョコレート・ヒルズについては、傷心の巨人が流した涙だとか、巨人たちが争ったときに砕けた岩の破片だとかいった伝説が残っています。ロマンティックな話ですが、科学的には海中で水を通さない粘土岩の上に形成された石灰岩が、隆起した後に風化してできたと考えられています。トレッキングのベストシーズンは、丘が一番チョコレートそっくりに見える乾期です。

フィリピン旅行観光スポットその2 『タール湖とタール火山』
火山活動でできた風光明媚なタール湖は、マニラから日帰りで気軽に行けます。湖の真ん中にある小さな火山までのトレッキングもできますが、火山ですので命の保証はありませんので、湖の北のタガイタイ Tagaytay の町からすばらしい眺望を楽しむ人が多いです。この町のある場所も、先史時代の実に巨大なクレーターの外縁部にあたっています。

フィリピン旅行観光スポットその3 『ハンドレッド・アイランド国立公園』
アラミノス Alaminos の沖にあるこの小さな国立公園を構成するのは123の小さな島々で、中には島というよりも単なる大きな岩も含まれます。何世紀もかけて潮に足元を侵食された結果、ここの石灰石の島は独特のキノコ型をしています。

フィリピン旅行観光スポットその4 『バナウェ』
バナウェは実にすばらしい風景のもとにあります。土を盛って仕切ったライステラス(棚田)はルソン島北部の有名な景色ですが、有機的で心地よく、このあたりコルディリェーラ Cordillera の大部分で見られる石積みの棚田群とはまったく違います。棚田群は世界遺産にも登録されており、造形の美しさに加えて、2000年も前に作られたということにも心を動かされます。

フィリピンの基礎知識

フィリピン旅行をする人が急増しています。 フィリピンの正式名称をご存じですか?フィリピンは正式には、フィリピン共和国といいます。かつてはフイリッピンなんていう表記もされていました。漢字では比律賓と表記され、比と略されます。 フィリピンという国名は、1542年にスペイン皇太子フェリペ2世の名前から、フィリピナス諸島と名づけられたことに由来しています。

フィリピン旅行をするときに注意してほしいのは気温です。 フィリピンは1年中暑くて湿度が高い国です。フィリピン群島全体の気候は複雑ですが、大まかに乾季(9〜5月)と雨季(6〜9月)に分けられます。ほとんどの地方では、季節による気温の変化は少なく、平均最高気温が31℃、平均最低気温が24℃で安定しています。フィリピンを訪れるのに最も良い時期は、気温と湿度がやや下がる12月から5月の間です。

フィリピン旅行に行くときには、ある程度はフィリピンを知っておいたほうがいいでしょう。 民俗学的には、ほとんどのフィリピン人はマレー人とインドネシア人に近く、共通の祖先を有しています。中国人移民の子孫もいますし、メスティーソ mestizo(フィリピン人とスペイン人、またはフィリピン人とアメリカ人の混血)も多いです。

フィリピンの宗教の特徴はローマ・カトリック82%、プロテスタント9%、イスラム教5%、仏教3%となっており、キリスト教が大半を占めています。
商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。