【格安】パケット定額1日970円〜【格安】
海外でインターネットするならグローバルWiFi!

フィリピン料理の特徴

フィリピン旅行に行くのなら現地の食べ物は楽しみの一つです。 フィリピン料理というと、ちょっと想像がしにくいと思いますが、イメージとしては辛いものが多いような感じがするでしょう。 しかし意外にもフィリピン料理の特徴は淡白です。甘いもの、しょっぱいもの、すっぱいものが多く、辛い料理はほとんどありません。実はこれには理由があります。

フィリピン料理では味付けにはココナッツ、パティス(魚醤)を多く利用します。これが独特の甘みや香りを出しています。 フィリピン料理のメインの食材は豚肉や鶏肉です。フィエスタ(お祭り)の時にはこれらを使った料理が振舞われます。

フィリピン旅行の醍醐味は、なんといってもフィリピン料理を堪能できることです。 フィリピン料理はいろいろな国の食文化が交じり合っていて興味深いことが多いです。 民族や文化と同様に、スペイン、中国の影響を特に大きく受けていることが良く分かります。

フィリピン旅行でフィリピン料理を口にすると、日本の料理に似た味を感じることがあります。これはおそらく醤油をふんだんに使うなど、日本の食文化も取り入れられていることがあるからでしょう。また他の東南アジア諸国の料理と共通するものがあったりするので、多種多様な味を楽しむことが出来ます。

商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。