【格安】パケット定額1日970円〜【格安】
海外でインターネットするならグローバルWiFi!

フィリピン旅行の注意点1

フィリピン旅行では注意してほしいことがいくつかあります。中でも特に感染症には注意をしてください。 フィリピンは多くの島々で構成されているため、その気候も一様ではありません。このことが感染症を引き起こす原因ともなっています。

フィリピンは基本的には熱帯性モンスーン気候に属し雨季と乾季に分かれています。しかし、島によってはこの雨季と乾季の差が明瞭でないものや、あってもほとんどないものがあります。そのために、流行する感染症も赤痢やコレラなどの消化器系感染症は、特に季節的な変動がなく、年中発生しています。

フィリピン旅行での感染症の報告はいくつかありますが、国立感染症研究所で掲載されている感染事例を紹介します。
『2002年、全国の空港検疫所でフィリピンから帰国した旅行者1名からコレラ菌、4名から赤痢菌、141名から食中毒菌、2名からデング熱が検出されています。また、感染症発生動向調査によると国内でフィリピンから帰国した旅行者からコレラ患者5名、赤痢患者18名、腸チフス患者2名、三日熱マラリア患者4名、デング熱患者1名が報告されています。』

フィリピン旅行では感染症の危険はつねに避けては通れない状況となっています。感染症への感染経路はいくつかあります。食べ物・水から感染する病気、虫が媒介する病気、 その他の疾患に分けられます。 食事や体調に注意して旅行を楽しむように心がけてください。
商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。